A Little Each Day

note to self

MacでGitのインストールとGitHubの初期設定をする

こんにちは。本日はGitとGitHubの登録方法についてです。

バージョン管理で使われるGitとそれを管理するGitHubの初期設定を見ていきたいと思います。

下準備

まずお使いのMacにHomebrewがインストールされていること、SSH Key(公開鍵・秘密鍵)が作成されていることが前提です。

もしどちらもない場合は、過去記事を参照して設定してください。


※Homebrewのインストール
chi-kun.hatenablog.com


SSH keyの作成
chi-kun.hatenablog.com


Gitをインストールしよう

MacにはもともとGitが同封されているのですが、最新バージョンではないしGit本体のバージョン管理が面倒くさいので、今回はHomebrewを使用してGitをインストールしたいと思います。

Homebrewでインストール

お使いのターミナルを開いて、ホームディレクトリでまずはHomebrewをアップデートしましょう。

$ brew update


そしたらGit本体をインストール。

$ brew install git


きちんとインストールできたか確認する。

$ git --version
git version ◯.◯.◯


以上でGit本体のインストールは終了です。


初期設定をする

インストールが済んだのでGitを使うために初期設定をしていきましょう。

必須の設定は
・ユーザーネーム
・メールアドレス
の2つです。


まずはユーザーネームから。

$ git config --global user.name "ユーザーネーム"


次にメールアドレスを登録。

$ git config --global user.email "メールアドレス"


そしてこれはやってもやらなくてもいいですが、Gitが出すメッセージを色分けをしてくれる設定もできます。

結構設定している人がいるので、Gitのメッセージを見やすくしたい人は設定してください。

$ git config --global color.ui true


すべての設定が済んだら設定一覧を確認してみましょう。

$ git config -l
user.name=**************
user.email=**************
color.ui=true


すると上記のような設定一覧が現れて、もしも間違いがなければ初期設定の完了です。


Githubに登録しよう

つぎにGitHubにアカウント登録しましょう。
ニックネーム・メールアドレス・パスワードを前もって考えておいてください。

GitHubのサイトにアクセスする

github.com


登録は普通に指示に従っていけば大丈夫です。(あとで登録したメアドにGitHubからメールが届きます。メールアドレスの認証があるので、忘れずにしておく。)


プラン登録があるので「Free」(無料)を選びましょう(デフォルトでFreeになっている)。


登録が済んだらトップページ右上のsettingをクリックします。

すると左側にメニュー一覧が表示されるので、「SSH and GPG Keys」をクリックして、「Add SSH key」をクリックします。

SSH Keyの公開鍵をコピーして「Key」の部分に貼り付けます。

f:id:chi_kun:20160704210522p:plain


「Add key」をクリックするとGitHubのパスワードを聞かれるので入力します。

きちんと登録できたか確認する

それではGitHubSSH Key(公開鍵)が登録できたか試してみましょう。

$ ssh -T git@github.com


すると

The authenticity of host ・・・・

Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?

みたいなメッセージが現れるので「yes」と入力しましょう。


そしたらSSH Keyのパスワードが聞かれるので入力しましょう。

すると

Hi ユーザー名! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.

というメッセージが表示されるので、これは認証に成功したという証です。



本日は以上です。