A Little Each Day

note to self

さくらのVPSにrbenvを使ってRubyとRailsをインストールする

こんにちは。本日は「さくらのVPS」にRubyとRailsをインストールする方法についてです。

今回はバージョン管理ツールのrbenvを使いRubyやBundlerをインストールしていきます。


セキュリティーなどの初期設定については過去記事を参照してください。


※第四弾

blog.otsukasatoshi.com


※第三弾

blog.otsukasatoshi.com


※第二弾

blog.otsukasatoshi.com


※第一弾

blog.otsukasatoshi.com


Rubyのインストール

Gitを使うのでサーバー側であらかじめGitをインストールしておいてください。以下のコマンドではGit以外にも今後使用するパッケージをまとめてインストールします。

[hoge@ ~]$ sudo yum -y install git wget libyaml-devel readline-devel openssl-devel autoconf make gcc-c++ gcc

rbenvのインストール

まずはRubyのバージョン管理をするrbenvをインストールします。

[hoge@ ~]$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
[sudo] password for hoge:
Initialized empty Git repository in /home/hoge/.rbenv/.git/
remote: Counting objects: 2532, done.
remote: Total 2532 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 2532
Receiving objects: 100% (2532/2532), 457.90 KiB | 403 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (1595/1595), done.

ruby-buildのインストール

次にruby-buildをインストールします。

[hoge@ ~]$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
Initialized empty Git repository in /home/hoge/.rbenv/plugins/ruby-build/.git/
remote: Counting objects: 6531, done.
remote: Total 6531 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 6531
Receiving objects: 100% (6531/6531), 1.26 MiB | 580 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (3778/3778), done.


パスを通します。

[hoge@ ~]$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
[hoge@ ~]$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
[hoge@ ~]$ source ~/.bash_profile


ちゃんとインストールできたか確認。

[hoge@ ~]$ rbenv --version
rbenv 1.0.0-30-g0c7224a


これでrbenvのインストールはOKです。


Rubyのインストール

いよいよRuby本体をインストールしていきます。

下記のコマンドでインストール可能なRubyのバージョンを確認できます。

[hoge@ ~]$ rbenv install -l


ここでは例として2.2.2 をインストールします。(そこそこ時間かかります。)

[hoge@ ~]$ rbenv install 2.2.2
Downloading ruby-2.2.2.tar.bz2...
-> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.2/ruby-2.2.2.tar.bz2
Installing ruby-2.2.2...
^@^@^@Installed ruby-2.2.2 to /home/hoge/.rbenv/versions/2.2.2


インストールしたRubyを使えるようにする。

[hoge@ ~]$ rbenv global 2.2.2
[hoge@ ~]$ ruby -v
ruby 2.2.2p95 (2015-04-13 revision 50295) [x86_64-linux]
[hoge@ ~]$ which ruby
~/.rbenv/shims/ruby


以上でRubyのインストールは完了です。


Ruby on Railsのインストール

続いてRailsを使うために必要なツールを入れていきましょう。


RubyGemsの確認

Rubyをインストールすると自動でGemが付いてくるので個別にインストールする必要がありませんが念のためインストールされているか確認しましょう。

[hoge@ ~]$ which gem
~/.rbenv/shims/gem
[hoge@ ~]$ gem -v
2.4.5

Bundlerのインストール

GemパッケージをまとめてインストールできるBundlerをインストールします。

[hoge@ ~]$ gem install bundler
Fetching: bundler-1.12.5.gem (100%)
Successfully installed bundler-1.12.5
Parsing documentation for bundler-1.12.5
Installing ri documentation for bundler-1.12.5
Done installing documentation for bundler after 6 seconds
1 gem installed
[hoge@ ~]$ bundle -v
Bundler version 1.12.5
[hoge@ ~]$ which bundle
~/.rbenv/shims/bundle


以上でRubyとRailsの環境構築が終わりました。

※もしiptablesを設定している場合、Rails開発用にポート3000番を開けておくのをお忘れなく。



本日は以上です。