A Little Each Day

note to self

Ruby on Railsで古着屋さんの情報サイトをつくってみた

こんにちは。本日は自分がつくってみたWebサービスを紹介していこうと思います。

今回はRuby on Railsで簡単な情報サイトみたいなものをつくってみたので、それらの概要などを説明していきます。

つくったもの

「RopaRopa(ロパロパ)」という古着屋さんの情報サイト(いいね!できる・簡単な口コミもできる)みたいなのをつくりました。

ropa-ropa.com


ただすごく質素というか、Railsを使ってWebサービスをつくったのが今回が最初だったので、今回のゴールは「とりあえず動くものをつくる」ということとしました。なのでデザインやコンテンツはかなり少ないですが、Railsやサーバー構築の勉強の一環としてつくりました。


つくった背景

個人的に古着屋さんが大好きです。古着屋さんは全国にたくさんありますが、残念ながらほとんどのお店は知られていないです。

せっかく素敵なお店が多いのにもったいない。

お店とお客さんを繋げられるサイトがあったらいいなと思いつくりました。

あとは個人的にRuby on Railsを学習していたので、とにかく自分で手を動かして何か創作してみようという思いもありました。


使用したもの

今回サイトをつくるにあったて、使用したものをまとめました。

フロント

Bootstrapを使用。今回は素晴らしいUX/UIのサイトをつくる訳ではなく「とりあえず動くサイトを創作する」がゴールなのでデザインは "あえて" Bootstrap臭満点のデザインにしました。

サーバーサイド

Ruby on Railsを使用。今回の主役です。

サーバー

さくらのVPSでApache + Passengerの組み合わせ。最初はHerokuでデプロイしたが、せっかくサーバーサイドを勉強してるのでサーバー構築もついでに勉強しようと思いそうすることにしました。


参考にしたもの

大体以下のサイトや本を参考にしました。

・チュートリアル
http://railstutorial.jp/

・ドットインストール
http://dotinstall.com/

・Progate
https://prog-8.com/

・基礎Ruby on Rails
https://www.amazon.co.jp/dp/B00YG8PXLI

・Ruby on Rails環境構築ガイド
https://www.amazon.co.jp/dp/4844333755


上記でもわからないことやエラーが出た場合はStack Overflowや先人が残した技術ブログを参考にしました。


今後の展望

とりあえずサイトはつくれましたが、まだまだ改善点も多いです。

今後やりたいことをまとめました。

レイアウト

今はデザインがシンプル且つコンテンツも少ないので、全体的にスカスカです。もうちょっとマシにしたいです。

検索機能の強化

現在は店舗名ぐらいしか検索できないので、他の部分などでも検索できるようにしたいです。

タグ機能の追加

お店の種類ごとにタグ付けできるよくあるやつを実装してみたい。

SNSログイン

TwitterやFacebookとかでログインできる機能を実装してみたい。

AWSのお勉強

画像はAWSのS3にあげているのですが、せっかく無料枠があるので今回の復習がてらにまた別のRailsアプリに挑戦したなと思ってます。(ただクラウド破産とか怖いのでどうしよう。。)


最後に

今回実際にwebサービスをつくってみて素直に「難しいな。。」と思ったのと同時に「でもプログラミングは楽しいな!」とも思いました。

"Ruby on Rails" というレールに乗るのだけでも初学者としてはとても難しいことなのだと痛感しました。

たびたび脱線してたくさん事故起こしてボロボロでしたが、それでも自分の汚いコードでも動いてくれるアプリを実際にみて、嬉しくて楽しくてやめられなかったです。


もちろんプロの方からしてみれば大変お粗末なできのwebサービスですが、Rails&サーバー初心者にしてみればこれが限界です。。


ただ、これで満足するのではなくもっと学習して技術を吸収してもっと使いこなせるようにしたいです。


これからも機能とか諸々追加していこうと思うので、まあ気が向いたら使ってやってください。



本日は以上です。