読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちーくんのブログ

プログラミング備忘録

さくらのVPSでMySQLのデータベースをつくる。

こんにちは。本日はさくらのVPS上でインストールされてるMySQLにデータベースを作成していく手順についてです。

本番環境のデータベースをMySQLに作成していき、開発中のRailsアプリに接続していくまでを見ていきたいと思います。


MySQLのインストールと初期設定は過去記事を参照してください。

chi-kun.hatenablog.com

データベースを作成する

まずVPSにログインしてrootユーザーでMySQLモニターにログインします。

[hoge@ ~]$ mysql -u root -p
Enter password:


次に実際にデータベースを作成していきます。

今回は「hogehoge」という名前のデータベースを作成していきます。各自自分のデータベース名に置き換えてください。

mysql> CREATE DATABASE hogehoge;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)


ここで作成したデータベースのユーザー・パスワード・権限を設定していきます。

mysql> CREATE USER 'ユーザー名'@'localhost' IDENTIFIED BY 'パスワード';
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)
mysql> GRANT ALL ON hogehoge.* TO 'ユーザー名'@'localhost';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)


データベースが作成できたか確認する。

mysql> SHOW DATABASES;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| hogehoge           |
+--------------------+
3 rows in set (0.00 sec)


以上でデータベースの作成は終了です。


Railsアプリと接続してみる

作成したデータベースと開発中のRailsアプリを接続していきます。

開発中のRailsアプリのdatabase.ymlに設定を書き込んでいきます。

今回は本番環境のデータベースを設定していますが、開発・テスト環境で使用する場合は各自置き換えてください。

#config/database.yml

production:
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  database: hogehoge
  pool: 5
  username: ここにユーザー名
  password: ここにパスワード
  socket: /var/lib/mysql/mysql.sock


これでさくらのVPS上で作成したMySQLのデータベースにローカルで作成したRailsアプリから接続できるようになりました。



本日は以上です。