A Little Each Day

note to self

iTermのインストールと簡単な初期設定

こんにちは。本日はiTermの初期設定についてです。

コマンドラインを使う場合、MacにデフォルトであるTerminalでは使い勝手があまりよろしくないのと、デザイン・設定などの部分で(ちょっと個人的に)不満があります。

iTermを使えばより柔軟にターミナルを設定することができます。

プログラマーの人たちもこぞって使っているので、まだiTermを使っていない人は、この機会に乗り換えてみてはいかがでしょうか?

iTermのインストール

まずはiTermをインストールしていきましょう。

www.iterm2.com


上記のホームページにアクセスしてダウンロードしたら、アプリケーションフォルダにインストールすればOKです。


iTermの設定

次にiTermを使いやすくするために設定をしていきましょう。

文字の色

iTerm2 > Preferences > Profile >Colorsから文字に使用する色を設定できます。

f:id:chi_kun:20170630140502p:plain


もしくは、iTerm2 > Preferences > Profile >Colors > Color presets > Visit Online Galleryにアクセスします。

たくさんのカラーテーマが用意されているので、そこから自分の気に入ったテーマをダウンロードしてインポートしてもいいです。

フォントの調整

iTerm2 > Preferences > Profile >Textのなかにあるchange fontで自分の好きなフォントに変更できる。

デフォルトで用意されているフォントでもいいですし、ダウンロードしたフォントでも大丈夫です。

もちろんフォントのサイズも調整できます。

ちなみに自分はRictyにしました。(Ricty自体はインストールが必要)

背景の透過

ターミナルの背景部分は黒色の場合が多いですよね?

実はiTermには背景部分を透明にしてくれる機能もあるんです。


iTerm2 > Preferences > Profiles > Windowの中の、

・Transparency
・Blur

の二ヶ所で設定できます。

f:id:chi_kun:20170630142805p:plain


Transparencyは背景部分を「透過」させることができます。

スライドさせていくと背景がどんどん透過していくので、お好みの場所で止めてください。


Blurは背景部分がモザイク状(スリガラス風と言ったほうがわかりやすいかも)になります。

こちらを使用する場合Blurにチェックをいれて、スライドを調整していくと背景部分がスリガラス調になっていくので、お好みで調整してください。

日本語に対応

日本語の場合、文字が崩れる場合があるので以下の

iTerm2 > Preferences > Profile > Text の中にある、Unicode > Treat・・・characters as double width

にチェックを入れておく。


これで一通り簡単な設定ができました。

他にもiTermには便利な機能がたくさんあるので、各自お調べして自分好みにカスタマイズしちゃってください。



本日は以上です。