A Little Each Day

note to self

nodebrewを使ってnode.jsをインストールしてnpmの設定する

こんにちは。本日はnodebrewを使用してnode.jsをインストールする方法です。

node.js自体は様々な方法でインストールできますが、プロジェクト毎にバージョンが違うなど、複数のバージョンを共有したり切り替えたい場合があると思います。

今回はnode.jsの管理ツールであるnodebrewでnode.jsをインストールしてnpmの設定までを説明していきます。

nodebrewとは?

簡単にいえば、複数のnode.jsをインストールしたり共存させたりできる便利な管理パッケージシステムです。


homebrewのインストール

まずはMacのパッケージ管理システムであるhomebrewをインストールします。

homebrewのインストールは過去記事を参照してください。

blog.otsukasatoshi.com


以上でhomebrewのインストールは完了です。


nodebrewのインストール

次にnodebrewをインストールをしていきましょう。

$ brew install nodebrew


次にnodebrewのセットアップをしていきます。

$ nodebrew setup
Fetching nodebrew...
Installed nodebrew in $HOME/.nodebrew

========================================
Export a path to nodebrew:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================


メッセージでパスを通してね!と言われるので、上に書かれているパスをコピペして通します。

$ echo "export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH" >> ~/.bash_profile


最後に設定したパスを読み込みます。

$ source ~/.bash_profile


これでnodebrew側の初期設定は完了です。


node.jsのインストール

いよいよ本題のnode.js本体をインストールしていきましょう。

nodebrewでnode.jsをインストールすると最新版or安定版(もちろん他のバージョンも)をインストールできます。


安定版の場合

$ nodebrew install-binary stable


最新版の場合

$ nodebrew install-binary latest


こちらはお好みでどちらかのバージョンをインストールしてください。


インストールしたらnode.jsのバージョンを確認。

$ nodebrew list
v8.9.4

current: none


最初にインストールした場合は、current: noneになってるので、これを有効にします。

$ nodebrew use v8.9.4


以下のように指定したバージョンになってるか確認しましょう。

$ nodebrew list
v8.9.4

current: v8.9.4


currentの部分が変わってインストールしたバージョンになっているのがわかると思います。


改めてnode.jsを確認します。

$ node -v

v8.9.4


node.jsをインストールすると、もれなくついてくるnpmのバージョンも確認。

$ npm -v

5.6.0


以上でnode.jsとnpmのインストールは完了です。


npmの初期化

最後にnpmを初期化して設定をしていきます。

$ npm init


対話式でいろいろ聞かれますが、全部エンターでokです。

この設定部分は、のちに編集できます。


自分のパソコンのホームディレクトリ以下にpackage.jsonという名前のファイルができていれば設定完了です。



本日は以上です。