FooBar

note to self

【コピペOK】JavaScriptでコピーライトの年号を自動で更新する方法

こんにちは。本日はサイトのフッターのコピーライト部分で、© 2019 のような年号を年が変わるたびに自動更新する方法を紹介します。

自分のサイトやブログを持っている人はコピーライトの部分をきちんと書いていますか? 毎年、年が変わるごとに手動で修正していませんか?

wordpressをブログで使っている人はPHPで現年取得できますが、はてなブログなどを使っている人達はできません。

今回は誰でもコピペすれば動くコードなので、もしまだ設定していない人や手動の人はこれを機に自動更新に変えてみてください。

JavaScriptで現年を取得する

JavaScriptで日付を取得するのは以下のようなコードです。

new Date().getFullYear();

new Data()でインスタンスを作成して、getFullYear()メソッドで現在の西暦を取得する流れです。

もちろん月・日・時間も取得できますが、今回は割愛します。

また変数にインスタンスを一旦代入して使いまわしができた方が本来なら良いですが、今回は誰でも簡単に動くことを目的としているため設計部分についてはご容赦下さい。

フッターに埋め込む

自分が適用したいサイトの該当部分に以下のコードを貼り付けるだけです。

<!-- フッター -->
<footer>
  <p class = "footer-text">
    <script>
    document.write('Copyright &copy;' + (new Date().getFullYear()) + ' ○○○○○○ All Rights Reserved. ');
    </script>
  </p>
</footer>

CSSで簡単な装飾も...

/* フッター装飾 */
footer {
  width: 100%;
  padding: 10px 0px;
  text-align: center;
  font-size: 12px;
}

今回は最低限のCSSですが、デザインは自分で好きなように調整してください。

これで毎年自動でコピーライトの年号部分が更新されます!

本日は以上です。